忍者ブログ

e-ラーニングは<FORCE CLUB>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆音感教育による育脳効果☆



音感の良い人は空間認知力・記憶力・語学力が優れている

絶対音感を持つ音楽家は言語・論理的思考の左脳が発達している

その絶対音感の臨界期は5歳半から6歳





長男が生まれる前に、私も知っておきたかった

私も子どもが小さいうちに

「フォルス音感育脳コンテンツ」に出合っておきたかった






「フォルス音感育脳コンテンツ」は

乳・幼児期の脳細胞が多くある大切な時期を逃さず


楽しい遊びの中で自然に入ってくるネイティブ発音の英語とクラシック音楽などで

脳細胞の減少を出来るだけ食い止め

育脳して器(脳)を大きくしていこうとするシステムになっています

幼児期からの知識の詰め込み教育は

小さい器(脳)に知識を詰め込んでも入りきらずに、こぼれてしまいます

将来、ふさわしい時期に多くの知識などを取り込めるように

器(脳)自体を大きくしておこうとするのが

「フォルス音感育脳コンテンツ」なのです




133889bc.jpg

 


 





「川島隆太教授(脳科学の第一人者)は

音を聞き分ける能力と脳の発達にも

重要な関係がある事を発見して

「フォルス音感育脳システム」を作っていたのです


と前回の記事で書きましたが

今回はその音感教育による育脳効果について詳しく書きたいと思います。






「音楽家の脳梁は音楽家でない人たいの脳梁に比べて太く、

完璧に発育していることが発見されました。

この実験結果は

音楽が、左右の大脳の間に走っている神経経路を太くし、

学習能力と発想力を刺激する役目を果たしていることを明らかにしました。


大脳皮質の側頭葉に位置する脳の側頭平面も、音楽家の方が

そうでない人たちよりも、はるかに発達していることがわかってきています。

側頭平面は言語能力に関する役割を果たしているとされています。

脳のこの部分は、音を分類化する機能を司り、

言語と音楽の知覚がそれに連結しています。」

(参考:「アマデウスの魔法の音 発想力」 )






「ドイツ・デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学神経科医グループが

30人のプロ音楽家の脳をPET(陽電子放射断層撮影装置)で撮影。

絶対音感を持つ11人の左脳大脳皮質聴覚野が

右半球の同じ場所に比べて平均40%も大きかった。

(1995年アメリカの科学誌『SCIENCE』誌2月3日号)




「絶対音感とは、どんな音をきいても、

聞こえてきた音をすぐに『ドレミ』におきかえられる能力のことです。

『絶対音感』をもっている人は『頭の中で【音(曲)】を再生する』ことが出来ます。

絶対音感の修得者は音を脳の【言語野】(左脳)で記憶することができる

のです。」

(参考:「フォルス音感育脳システム」商品説明資料より)




晩年には全く耳が聞こえなかったと言われているベートーベン

それでも作曲ができた理由
は、上記の科学的考察から分かってきます。

ベートーベンは絶対音感を持っていて左脳などの脳力が発達しており

全ての楽器のリズム・メローディを覚えておける記憶力

そのメロディやハーモニーを聞かずにイメージできる脳力

大変優れていたからだと分かります





生まれつき同じ仕組みと数の脳細胞を持っているのに

認知力に差が出るのはなぜか
」という問いに対して

東北大学医学博士の川島隆太教授は次のように答えています。

「今の脳科学の知識では、私たちの脳は全ての可能性を持って生まれてくる。

その後の学習、教育、環境の差がすべて。

才能とは、どういう環境に置かれたのかであって、

生まれ持った素質は10%も影響しないというのが

現在の脳科学の考え方だ。」


(参考:2003年11月14日読売新聞より)





脳細胞の数は

生まれてきたばかりの赤ちゃんが一番多く

年齢を経ると共に減退の一途をたどります



c4c264fb.jpg



子どもの脳には個々の体験・経験に応じて

神経回路を集中的に作る特別な時期(臨界期)があり

臨界期に作られた神経回路は大人まで保たれる傾向にあります。


絶対音感や語学修得に臨界期があるのは

聞き取るために必要な細胞を使わないことによって

その細胞が死滅してしまうためと言われています



「日本語には高い周波数の音が少なく、

幼児期にその感受力が鈍るため、

(つまり、高周波の英語を聞き取る脳細胞が死滅してしまうため)

多くの日本人にとって英語特有の発音が

聴取困難であると言われています。」






ですから「フォルス音感育脳コンテンツ」は

乳・幼児期の脳細胞が多くある大切な時期を逃さず


楽しい遊びの中で自然に入ってくるネイティブ発音の英語とクラシック音楽などで

脳細胞の減少を出来るだけ食い止め

育脳して器(脳)を大きくしていこうとするシステムになっています

幼児期からの知識の詰め込み教育は

小さい器(脳)に知識を詰め込んでも入りきらずに、こぼれてしまいます

将来、ふさわしい時期に多くの知識などを取り込めるように

器(脳)自体を大きくしておこうとするのが

「フォルス音感育脳コンテンツ」なのです











「FORCE 学習システム」の中には幼児用の他にも色々なコンテンツがあり

ネイティブ発音で英語を学べるコンテンツが幾つもありますよ
 
 
 
PR

「フォルス音感育脳コンテンツ」がリリース!!


「日本語には高い周波数の音が少なく、

幼児期にその感受力が鈍るため、

多くの日本人にとって英語特有の発音が

聴取困難であると言われています。」


(以前にCDROMで販売していた「川島隆太教授」監修の

『フォルス音感育脳システム』資料より)



英語と同じ高周波音はクラシック音楽にも多く含まれています。

その高周波音を聞き分ける能力の臨界期は8歳と言われています




 

7月31日に「フォルス音感育脳コンテンツ」がリリースされました

このコンテンツは川村隆一教授(東北大学:脳科学)監修で

フォルスが初期の時期に作ったCDROM版を改訂したiPad版です
 

「フォルス音感育脳コンテンツ」





「日本語には高い周波数の音が少なく、

幼児期にその感受力が鈍るため、

多くの日本人にとって英語特有の発音が

聴取困難であると言われています。」


(以前にCDROMで販売していた「川島隆太教授」監修の

『フォルス音感育脳システム』資料より)




英語と同じ高周波音はクラシック音楽にも多く含まれています。

その高周波音を聞き分ける能力の臨界期は8歳と言われています


更に絶対音感の臨界期は6歳




ですから「フォルス音感育脳コンテンツ」

幼児期からクラシック音楽に親しめるように工夫されており、

英語を聞き分ける能力も鍛えられます





その他にも想像力・記憶力・じっくり考える力・自発的学習の定着など

脳力を育てていけるような工夫が沢山あります

幼児が楽しみながら・親子のコミュニケーションをはかりながら

学習できるコンテンツです





川島隆太教授(脳科学の第一人者)は

音を聞き分ける能力と脳の発達にも

重要な関係がある事を発見して

「フォルス音感育脳システム」を作っていたのです






 

フォルスクラブとは関係ないですが

海外の英語学習サイトも紹介しておきます。

英語(発音)学習サイト

一部だけ「SNOWMAN」「CALENDER」

ここに載せてありますが右プラグインにもリンクしてあります)
 

h-snowman.gif

「CALENDAR」





「FORCE 学習システム」の中には幼児用の他にも色々なコンテンツがあり

ネイティブ発音で英語を学べるコンテンツが幾つもありますよ
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
force-clubの代理店
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA